オーストラリア自転車旅の荷物を公開します①自転車周り編

Hello guys!

 

昨日の夜から動画アップロードしてるけど全然進まない…

出発までに全部上がるといいなぁ。

 

 

さて今回は、僕が自転車旅に持っていくものを紹介しようと思います。

僕のブログの読者はほとんどがFacebookからのアクセスです。

しかし、たまにブラウザの検索から飛んできている人がいるので、おそらく

「オーストラリア 自転車 ワーホリ」

とかで検索されたんですかね。

 

FBの友達からの需要はないかもしれませんが、その自転車情報を求めて来てくれた方のために書いてみます。

しかし、僕はツーリング初心者なので、もっと参考になるブログがたくさんあるということを知ってほしい。笑

 

 

装備品 〜自転車周り編〜

 

 

  • まずは愛車のDiversity

愛しの我が二代目相棒

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ツーリングをする際の自転車の一番のポイントは頑丈さではないでしょうか。故障だけでなく、事故という場合もあります。大型トラックが真横を通り抜けていくので、僕自身も何回か本気で危ないと思ったことがあります。人間の体は多少怪我しても放っておけば治りますが、自転車は直りません。笑 道中で壊れたらかなり大変なので(トレーラーの件で経験済み 42日目 出会いは時に命を救う。)、僕は頑丈なものを選びました。

まぁ僕がこいつを選んだ一番の理由はデザインだけどなっ☆

 

  • サドルバッグ

    ツーリングで荷物をどう運ぶか、その答えはサイドバッグ派トレイラー派に分かれるそうです。ゴールドコーストに来るときは、トレイラーを使っていました。

img_8007

 

使い心地はかなり良かったです。夏場に走っていたので気温は40度にも昇ることがあり、基本水は大量装備。その際に大容量のトレイラーはかなり心強いです。それに、この写真から分かるように、後ろの取っ手の部分が超便利なのです。ソーラーパネルを付けるもよし、テントを掛けるもよし、洗濯物を干すのもよし(これ本当に便利)。

ですが、問題がありました。車体が非常に長くなること。そして、大容量トレイラーに甘えて、僕が何でも詰め込みすぎた結果、折れましたこと(完全に僕の責任)。

image

僕は運良く生き延びましたが、こうなると中々大変です。荷物の詰めすぎには注意しましょう(笑)

 

再出発のこれからは、サイドバッグを使っていこうと思います。トレイラーの良い所 悪い所はもう分かりました。なので次はサイドバッグを使ってみようというビギナーらしい理由です。

そして、今回使用するのはこちらのサイドバッグ。

img_0777

 

ORTLIEB BACK/FRONT ROLLER CLASSIC

頑丈・完全防水・着脱簡単の優れもの。自転車ツーリング界ではこれが鉄板(らしいよ)。

荷物を極限まで減らしたので、このサイズでも持ち物全て運べそうです。

 

 

 

フロントバッグ

そしてこちらがフロントバッグ、ORTLIEB ALTIMATE 6 

img_0778

 

img_0780

 

こいつはこんな感じに自転車のハンドルバーに付けます。前まではデジカメ等をトレイラーに入れざるを得なかったので、デジカメはほとんど使わなく、ほぼiPhoneのカメラでした。ですが、このバッグがあれば、自転車から降りることなくデジカメを使うことも可能!! 素晴らしい!!

取り外して持ち運ぶ用なので、パスポート等の貴重品、走行時すぐ出せるそうにデジカメ・セルフィースティック等の撮影用の物を入れました。

 

 

  • ラック(キャリア)

    フロントはBlackBurn Outpost Front

    クイックリリースレバーのせいで中々合うラックが無くて見つけるのが大変でした。トップに物が積めるタイプのものが欲しかったので、これ一択でした。(オーストラリアでは手に入らなかったので日本から送ってもらいました。) 荷物を掛けるところがたくさんあるのもポイント。重心を低くできることで、ハンドリングが安定します。

img_0787

 

 

バックは安定のTubus Logo Classic やたら頑丈ということで評判のTubusさん。ラックってけっこう折れるという話を聞いたんですが、これなら大丈夫そう。

img_0786

 

 

  • サイクルコンピュータ

Cat Eye CC-MC200W

サイコンを無くすことが多く、何個か使ったんですが、これが一番いいです。なのでこのサイコンは二代目。何が良いって、速度・時間・+αの3つを見れるのはかなり便利。安いのはどれか2つだけ、とかのが多いんだけど、これは手頃な値段のくせに高性能! ただのイケメンやないか。

img_0784

 

 

  • 空気入れ

GIYO 変なところに付いてる(笑)

img_0788

 

こいつのいいところはコンパクトなくせに圧力計まで付いてるところ。足で抑えられるのが付いてるのもポイント高い!img_0789

 

 

というわけで

自転車周りの装備品の紹介でした。

これを読んだツーリングの先輩がいらっしゃいましたら是非アドバイスをください。笑

 

次は持ち物〜キャンプ編〜をやります。

 

(追記: 自転車旅の装備を公開します②キャンプ道具編 次回のリンクです。)

 

 

次回の更新もよろしくどーぞ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中