オーストラリア自転車旅の持ち物を公開します②キャンプ道具編

Hello guys!

前回に引き続き、持ち物の紹介をしますよ!

 

持ち物 〜キャンプ道具編〜

  • DOPPELGANGER ライダーズワンタッチテント T2-275

    ツーリングで一度ワンタッチテントの便利さにはまると、普通のテントに戻るのは不可能です(個人差はあります)。疲れた体でテントを立てる気なんか起きない!そんな怠け者の夢を現実に変えたのがこちら。

 素晴らしい(寝癖が気になる…)

 

前面に屋根があるのもいい。夜中雨が降った時も荷物の心配はいらない。濡れた靴を履いて自転車を漕ぐ必要もなくなる。このテント雨もかなり防げるみたい。

img_0803

 

中はかなりゆったりしていて、斜めに寝れば足も余裕で伸ばせる(175cm)。

img_0806

 

 

最悪荷物も全部テント内に収納できてしまうほどの広さ。img_0805

 

ワンタッチだから大きいことは大きい。リアラックに収まらない。しかし、そのわりには軽い。2.2kgだから余裕で運べちゃう。まだ使ってないけど期待大。

img_0770

 

 

  • 寝袋

    Kathmandu上にもさらっと写真ありますが。あったかいくせにめっちゃコンパクト。今まで使っていたのが左の寝袋。もはやこれを持ち運んでいたことがアホだと思う。右、NEW寝袋。めっちゃ小さい。手前、メガネ。大きさを比較するために(度が合ってない)。img_0808

 

 

  • エアマット

    テントに寝袋を直接敷いて寝ると、固すぎて寝れないので、これを引きます。口をひねったら自動で空気が入るらしいんだけど、反抗期なのか上手く機能していないので、いつも頑張って空気入れてます。img_0804

 

 

  • エア枕(?)

    Sea to Summit Aeros Pillow

img_0812

エア枕のくせにめっちゃふわふわ。今までは上手く寝付けなかったけど、これで爆睡できる。

img_0810

 

たたむとこんなにコンパクトに。小さすぎ。メガネは例のごとく。

 

 

  • 調理器具

アウトドアの醍醐味と言えば、食事だろう。僕も実際走ってる時は夜ご飯のことばっかり考えていたし、むしろ夜ご飯のために走っていたといっても過言ではない。そんな僕が使っているのは

イワタニ(Iwatani) カセットガス ジュニアバーナー CB-JRB-3

のストーブ。

img_0790

 

そして、Colemanの炊飯器。内蓋があるので、米と水を入れるだけで勝手にご飯ができてしまうという文明の利器。ふつうにパスタとかにも使うけど。

img_0791

 

ガスはないけど、セットしたらこんな感じ。鍋を支えるのが4つ付いているので、安定感があります。これなら強風や坂には負けないでしょう(37日目 ご飯作りの才能。)。

img_0796

 

 

  • 万能ばさみ?(何ていうの?)

img_0798

(ジョジョ立ちっぽくない?)

img_0799

 

ペンチはなんだかんだ使うし、焚き火をした時にノコギリが無くて不便だったので購入。これからの活躍に期待。

 

 

以上

以上、キャンプ用品の紹介でした。これは自転車旅以外にも普通にキャンプでもオススメです。

次は電子機器編です。

 

(追記:自転車旅の装備を公開します③電子機器編 次回のリンクです。)

次回の更新もよろしくどーぞ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中