オーストラリアのバックパッカーズに泊まってみよう!

Hello guys!

オーストラリア自転車1周旅のRoyです!

 

バックパッカーズとは?

昨日は夜まで予定があったので、ブリズベン市内のバックパッカーズに泊まりました。

 

さてみなさん、バックパッカーズって知ってますか?

image

そう、こちらバックパッカーですね。

バックパッカーズとは、格安宿泊施設のことなのですが、このようなバックパッカーの利用が多いことからその名前が由来するそうです。バックパッカーズはオーストラリアだけでなく、世界各地あります。日本ではゲストハウスという呼び方のほうが有名かもしれません。

宿泊施設といっても、一般的なホテルとはかなり違います。どちらかというとシェアハウスのような場所です。相部屋、食事無し、共用バスルームが基本です。後で詳しく説明するので、まずはバックパッカーズの中を見てみましょう!

 

 

バックパッカーズに潜入!!

今回利用したのは、こちら。

image

 

Summer House Backpackers

シドニーに滞在した際もここを利用させていただき、なかなかよかったのでリピートです。

ブリズベン市内、ローマストリートステーションから徒歩約5分です。

 

こちらがレセプション(受付)

img_0920

 

レセプションの中です。 右側にはバックパッカーズ主催のイベントが書かれています。ほぼ全てのバックパッカーズで、日替わりのイベントをやっています。友達作りもしようと思えば余裕です。僕もシドニーで友達ができました。36日目 僕にできること。

image

 

バックパッカーズの基本的な利用の流れとしては、

  1. オンラインで予約(もちろんアポなしで行っても大丈夫ですが、部屋に空きがあるとは限りません。)
  2. 当日、レセプションでお金を払って部屋の鍵をもらう。(IDが必要です。) この時に、鍵のデポジット(保険金?)でお金を余分に払うことが多いですが、何もしなかったら普通に帰ってきます。安心してください。
  3. 部屋に移動

という感じです。

 

今回かかったお金はなんと1泊19ドル(1500円くらい)!! 安い!!

 

そしてこちらが本日の部屋です。

img_0921

 

四人部屋。

本当は、一番安かった20人部屋を予約したんだけど、人数だかの関係でアップグレードしました。笑 超ラッキー。

ベットは一人一つ、というわけではなく、他人とシェアします。もし自分が下に寝て、上の人の寝相が悪いと残念なことになりますね(笑) あ、ベッドの場所は自分で選べますよ。

 

そして部屋には、ロッカーが付いています。

img_0922img_0923

中々大きいです。僕の荷物は余裕で全部入りました。(ビーサンぼろっ。)

 

トイレとシャワーも部屋についています。

img_0926img_0925

 

 

 

 

ちなみに、こちらが20人部屋

まぁさすがに散らかってるわな(笑)

img_0958

 

次にバッパー内の紹介です。

image

こちらはご飯食べる用のスペース(階段の奥)。奥に見えるのがキッチン。

 

基本ここでみんな自炊します。鍋やフライパン、包丁なども全て揃っています。必要なことは食材を買うだけです。

imageimage

みんなこの棚に食料を入れます。名前を書いて置いておきますが、無くなる時は無くなります(笑) 嫌ならお部屋に持って行ってください。

 

image

自分で使ったものは自分で片付けましょう。

 

こちらがTVルーム。

img_0908

テレビはもちろん、DVD、ゲームとかもあります。

流浪に剣心やってました(笑)

image

 

 

こちら屋上です。

この時は雨が降った後だったので誰もいませんが、すごくいい景色です。

img_0928img_0929

 

 

バーベキューマシンも搭載。

img_0927

 

 

トイレ、シャワールーム (男子トイレ内なので、女子の皆さんは目を閉じてスクロールしてください。)

imageimage

 

 

基本的に、男女関係なく部屋が割り当てられます。

そんなのいやだわぁ〜っていう可愛い女子は、安心安全の女の子専用部屋にどうぞ。

image

 

 

 

 

さて、チェックアウト時ですが、シーツと枕カバーをレセプションに返します。

image

 

ルームキーを返します。その時に最初に払ったデポジットが返ってきます。

 

チェックアウトは10時なのですが、その後もここに荷物を置いておくこともできます。

チェックインの時も14時開始なのですが、ここに荷物を置いておいて市内に出かけたりとかも可能です。

image

 

 

ちなみに最初に食事無しと書きましたが、ここのバックパッカーズは朝食(パンとシリアル)が無料で付いてきます。8時から10時までの間ここに置いてあります。

img_0907

ちなみに僕は8時にご飯を食べ、10時直前にもう一回たらふくいただきました。(笑)

 

 

いかがでしたか?

そんなわけで今回はバックパッカーズについて書いてみました。オーストラリアに住んでいても利用したことのない人もいるかと思います。これを期に、旅行の際は高価なホテルではなく、格安バックパッカーズにトライしてみてはいかがですか?

 

そして、ブリズベン、シドニーに来る際はぜひこちらのSummer House Backpackers (日本語予約サイト)を利用してみてください。かなりおすすめです。

 

次回の更新もよろしくどーぞ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中